"An Absolute Mastery of Musical Vocabulary and Timing" - All About Jazz


「抜群の音楽的語彙とタイムセンス」/ オールアバウトジャズ  動画をみる

ニューヨークを拠点に日米で活動し、アメリカと日本各地のフェスティバルや老舗クラブでのコンサート活動を繰り広げるジャズシンガー 、深尾多恵子(TAEKO)。2007年に自社フラットナインレコード社をニューヨークで設立してアメリカでデビュー、以降発表した4作のアルバムはすべて欧米で邦人歌手に稀にみる高評を獲得しています。また、そのライブパフォーマンスは本場のジャズファン、クラブオーナーや評論家から高く評価され、One of the top performers in the US and the world (-Gino Morati, Jazz at Kitano) 「アメリカでも世界でもトップクラスのパフォーマー」と評されています 。

ジャズの巨匠たちに抜擢されてのライブやレコーディング、アップル社の商品「アップルウォッチ4」のコマーシャルソング「ホーキーポーキー」の収録、ニューヨーク市タイムズスクエアでの米国国歌独唱など、多方面にて活躍。2019年に4作目のリーダー作「CONTEMPLATION」を発表(米国リリース10月10日、日本リリース11月27日)、ニューヨークのジャズ雑誌やラジオでも多数取り上げられ話題をよぶ中、アルバム発売記念ライブがニューヨーク市内の老舗「バードランド」で行われました。


ニューヨークの主要ジャズ雑誌「ホットハウスジャズマガジン」2019年10月号に掲載された深尾多恵子のインタビュー記事/ 全文の日本語訳はこちら http://ameblo.jp/songbirdtaeko/



本場で磨かれた歌唱とともに、ニューヨークをたくましく愉快に生き抜いてきたエピソード、アメリカで企業した女性実業家としての経験談、そして明るく人懐こい性格でジャズをわかりやすく解説するライブ運びには定評があります。ふるさとの名曲「琵琶湖周航の歌」をジャズにアレンジしたものや、「蘇州夜曲」「浜辺の歌」などもジャズに昇華。日本人歌手がアメリカで生きる上で、ジャズという芸術を極めるだけでなく、自分のルーツに焦点をおいた音楽作りも聴きどころのひとつ。深尾多恵子のコンサートは、聞く人に明日への活力を与えます。

 

2019年冬の日本公演情報

12月2日(月)大阪ミスターケリーズにてライブ!

6月のソールドアウト公演に引き続き12月もミスターケリーズに出演。珠玉のクリスマスソングやジャズスタンダードで綴る必聴ライブ、お見逃しなく!詳しくはスケジュールのページをご覧ください。
 【電話】06-6342-5821 【ウェブサイト】http://www.misterkellys.co.jp/

=そのほかの日本公演=

12月3日(火)KBS京都ラジオ「さらピン!キョウト」番組パートナーとして3時間出演
12月4日(水)同志社大学校友会大阪支部クリスマスパーティー@大阪ウェスティンホテル
12月5日(木)京都南ロータリークラブ
12月6日(金)日産鮎川義塾クリスマスパーティー
12月7日(土)神戸「ジャズと日本酒の会」@グレートブルー

New Album "Contemplation" アメリカで 10/10/2019から正式発売

深尾多恵子の最新アルバム「CONTEMPLATION」が、夏の日本ツアーでの会場限定先行販売を経て、 アメリカでついに正式に発売になりました。本場ニューヨークのジャズ雑誌やラジオにて多数とりあげられる話題作。


幅広い優れた選曲で、深尾多恵子は自信にみちた歌唱を聞かせる。特に素晴らしいのは「Contemplation」、感情のこもった「I Remember Clifford’」、チック・コリア作曲/トニー・コーハン作詞の「High Wire」、そしてスタイリスティックまで収録されていて驚きだ。
 ~Charles Hussen / Hawaii Public Radio

"A masterpiece. TAEKO's "CONTEMPLATION" sings truth to power with much love."
傑作。深尾多恵子は「CONTEMPLAITON」で愛を込めて真実を力強く歌いあげる。

 ~Lamon Fenner “Lamon’s Jazz Break at Eight,” WHCR 90.3 FM The Voice of Harlem, NY www.whcr.org

“The spirit and exuberance of a live in-performance session– I kept expecting tumultuous (and well-deserved) applause after each track.”

生演奏の精神と活気。各曲のあとで聴衆の大喝采が聞こえるような気がした。

 ~Steve Krawitz, “Jazz for the CommonMan,“ WESS 90.3 FM


アルバム発売記念ライブ直前の、NY1PAGE によるインタビュー記事(日本語)

NYジャズ界で認められたAppleWatchCMソングの深尾多恵子(TAEKO)さん、4枚目のアルバムを発表。大阪の司法書士事務所からNYのライブハウスへ。2007年に自社フラットナインレコードを設立、デビューアルバム「One Love」を発表。... インタビュー記事を読む

Live Schedule



Brownstone Jazz at Sankofa Aban

Dec. 21st. 2019
  • 107 Macon St, Sankofa Aban Bed & Breakfast, Brooklyn, NY
  • (917) 704-9237
  • Live: 9:00PM - Midnight
    8:30pm Last Seating
  • Tickets: ticketweb.com

The Cutting Room
SPIGAME BIG BAND

Jan. 17th. 2020

Jazz at Kitano
Kitano Hotel

Jan. 30th. 2020

Baby Grand Jazz Series at Hartford Public Library

Apr. 26th. 2020
  • 500 Main Street, Hartford, CT 06103
  • (860) 695-6300
  • hplct.org
  • Member: TAEKO - Vocal, Sharp Radway - Piano, Alex Blake - Bass, Victor Jones - Drums

「Untraveledーニュヨークがジャズシンガーにしてくれたー」絶賛発売中

深尾多恵子の渡米の経緯と、渡米以降の20年の軌跡を京都の女性記者・瓜生朋美さんが綴った本 「Untraveledーニューヨークが、ジャズシンガーにしてくれたー」が2019年6月24日に発売になりました。 夏の日本ツアーではCDと併せて各会場にて多数お求めいただき、ありがとうございました。